【管理栄養士】大学生活や時間割はどんな感じ?遊べない?

この記事は約6分で読めます。
【管理栄養士】大学生活や時間割はどんな感じ?遊べない?

管理栄養士に興味があって大学を調べていると、いろいろな疑問が出てきますよね。

大学生活ってどんな感じなんだろう?

時間割はどうなんだろう?

管理栄養士専攻はどうやら忙しそうだけど、遊べないのかな?

こんな疑問をもったあなたのために、2019年に管理栄養士養成校を卒業したわたしが答えていきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

管理栄養士専攻の大学生活はどんな感じ?

結論から言うと、管理栄養士専攻の大学生活は、一般の大学生に比べて忙しいです。

最初にこんなことを言うと、

やっぱりそうか・・

となってしまいますが、国家試験合格に向けて、多くのことを学ばなければならないため仕方がないと思います。

ただ、どれくらい忙しいのかを把握したり、バイトやサークルがどれくらいできるのかが分かると安心するかと思いますので、わたしの実体験をお伝えしていきます!

※わたしは教員免許を取るために教職課程も専攻していたので、少し授業数が多めになっています。

 教員免許を取ることを考えていない人はここに示してある時間割より1割くらい授業数が減ると考えてください。

まずは1年生の時間割です。

1限授業授業実験
2限授業授業授業実験
3限授業授業授業実習
4限授業授業授業実習
5限授業

どの大学もあると思うのですが、1年生は一般教養科目も受講しつつ、栄養学の基礎を固めていきます

実験はいわゆる理科の実験のようなことで、実習は調理実習や献立作成など実験ではないが実践的なことをするものが含まれます。

1年生はどこの学部であってもこれくらいの授業を受けるのではないかと思いますので、1年生時点で他の学部とあまり差はないと思います。

次に2年生の時間割です。

1限実験授業授業授業実習
2限実験授業授業授業実習
3限授業授業授業授業
4限授業実験授業授業授業
5限授業実験授業授業

2年生になると授業や実験が増え、空き時間がほとんどなくなります(;_:)

授業では課題が出されたり、実験と実習はレポートを出さなければならなかったりしたので、正直言ってしんどい時期でした。

しかし、同じ管理栄養士専攻をしている仲間たちと助け合って乗り越えるので、団結力が高まります笑

次に3年生の時間割です。

1限授業授業実験実習
2限授業授業授業実験実習
3限実習授業授業
4限実習授業授業
5限授業授業

3年生は2年生に比べると授業数は少なくなります。

ただ、一般的な大学生だと3年生は全休(1日授業がない状態)があって、大学に行く回数が減るのですが、管理栄養士専攻だとそうはいきません。

また、3年生になると臨地実習といって、病院や保健所、保育所などの学外に行って学ぶということもあります。

臨地実習は1~6週間の期間が設定されますが、長期休暇中に行われることもあり、その場合は夏休みや春休みが減ります。

学内で大量調理の実習もあり、献立を立てて実際に調理して提供するまでを経験します。

100食以上つくるという今まで経験したことのないことをグループで行うので、大量調理の準備や調理は大変ですが、食べている人が笑顔になっているのを見たり、ごちそうさまと言われると嬉しいです。

最後に4年生の時間割です。

1限ゼミ
2限ゼミ
3限授業授業
4限授業授業
5限授業

4年生でやっと全休が出てきます。

授業数が減るので、ある程度自由にできます。

しかし、4年生は卒業論文、国家試験対策、就活とやらなければならないことがいろいろとあるので、それらのスケジュール管理が大切になってきます。

就活については、以下の記事で書いていますので、気になる方はご覧ください

管理栄養士専攻は遊べないほど忙しい?

ここまで見てきたように、一般的な大学生と比べると管理栄養士専攻の大学生は授業数が多く、忙しいです。

ただ、だからといって遊べないのかというとそうでもありません。

管理栄養士専攻の友人は平日や休日に遊びに行ったり、長期休暇で海外旅行に行ったりしていました。

わたしは普段はあまり遊ばず、大学生活とバイトに時間を使って、長期休暇に思いっきり遊んで楽しむという過ごし方をしていたので、こういう時間の使い方もアリだと思います。

また、バイトができるのかということも気になるところですよね。

バイトに関して、わたしは大学1年生の6月から始めました。

2年生と3年生は忙しくなるので、できるだけ1年生のうちにバイトは始めておいて、バイト先の人とシフトの調整ができる関係性を作っておくと良いと思います。

わたしはバイトとして、派遣の仕事を選びました。

なぜなら週1~2回での勤務が可能で、いろいろな職場を経験できるからです。

長期休暇の時は勤務日数を多めにするという調整もしやすいです。

基本的にわたしは平日はバイトはせずに課題やレポートをこなし、休日にバイトを行うというスタンスで過ごしていました。

友人は塾、居酒屋、パン屋、スーパーなどで平日も働きつつ、課題やレポートをこなしていたので、平日働くことも可能だと思いますが、その場合はバイトできる時間が短いので、大学や家から近いバイト先を選んだほうが負担がないと思います。

女子が多い学部・学科で恋愛はできる?

女子が多い学部・学科で恋愛はできる?

管理栄養士専攻の大学に入学するのは、女子が多いです。

食に関する資格なので、家庭的なイメージがあるからでしょうか。

管理栄養士専攻の学科が40人だとしたら、そのうち男子が1~3人くらいの割合です。

また、管理栄養士専攻の大学は女子大も多いです。

わたしが卒業した大学は女子大だったので、もちろん男子はいません。

女子が多い学部・学科となると恋愛ができるのか不安になりますよね。

わたしも高校生の頃、不安になりましたし、女子が多くて怖くないのかなとも思いました。

実際に入学してみての感想としては、女子だけでも怖くない!楽しい!です。

また、恋愛についてはサークルやバイト先ですることができます。

正直、管理栄養士専攻の仲間たちだけだと出会いが少ないので、サークルに入ったり、バイトをしたり他のコミュニティに所属したほうが良いです。

わたしの友人もサークルやバイトで彼氏をgetしていました!

女子が多くて怖くないのかなという心配もありましたが、わたしの大学はいい人ばかりでいじめなどなく、仲良く4年間過ごすことができました。

まとめ

今回の記事では、管理栄養士専攻の大学生活や時間割はどんな感じなのか、遊べないのか、恋愛はできるのかについてお伝えしました。

管理栄養士専攻は一般的な大学生に比べて忙しいですが、バイトもサークルも遊びもできます!

忙しい日々の中でどうやって時間を捻出するか、スケジュール管理能力も身に付きますよ笑

つらい時もありましたが、それがあったからこそ、仲間との絆が強まりますし、あんなに頑張れたから自分にはもっとできると自信にもつながっています。

この記事が管理栄養士養成校への進学を考えている人の助けになったらうれしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました